あんの日記

不定期更新

濁流

私は眠っている。

私が寝ていた方が、何も言わないで何も感じない方が皆安心するから。嬉しいから。

本当は私みたいな人間は死んでしまった方が嬉しいんでしょう?

そう言いなさいよ。ほらっ!!ww

 

何かそういう気持ちが湧く。無限に湧く。

だから悲しい。別に誰からも尊厳を害されてないし嫌われてもいないのに。

勝手に落ちていく。真っ暗だ。この先の未来もずっと死ぬまで。

そう思う。現実には理由がないけど。

全部自分が悪いんだって思っているようで思ってない。

何処かで鼻歌歌ってる余裕ぶっこいて舐めてる態度の私が笑ってる。

「死にたいって言ってれば誰もイジメてこないから」

イジメてきたら相手に非が100%だから。私が正義だから。

 

あああこういうの書きたくないからブログ書かないようにしてた。

 

もっと格好いい面白い個性的な考えをファッショナブルかつスマートに書きたい。

そんな日記書いたこと無かったけど。

ただ本当の私は格好悪いし、負の感情だけしかない中身がないで正解

そしてこういうの全部私だけに起きている事で、他の誰とも関係ないんだと思うと

寂しい。何万回呟いても誰にも伝わらない。

いいねもリプも理解も同情も温かい抱擁も要らない。

感電させてほしい。私の勘違いで構わないから。

 

 

 

書く事が無いなぁ。

一昨日だったかもっと前に病院に行って、診察とカウンセリング受けたけど

何話したかほぼ覚えてない。

ああ、楽しい話ばかりして「死にたいって言わなきゃ…」って思ってた。

主治医と付き添いの母にソレを言ったら「信頼関係がまだ云々」って言われたけどそういうのではなくて。

だって私もうカウンセリング(受ける側)のプロですよ。

相手が攻撃的でない事はわかってる。攻撃的な人ももちろんいます。好戦的というか。

でもカウンセラーだ。私のただの我儘や妄言を流すか諫めてくるかの違い。

なら誰でも良い。しかも話題はカウンセラーが大好きな「死にたい」という暗い奴。

明るい事より暗い事の方がより精神の核心に近いのはみんな知ってる。カウンセラーなら誰でも良いんです。

だから言えなかったのは信頼関係じゃなくてただ私は暗い話をしたくなかったんじゃないかなぁ。よくあるけどね。本音にたどり着けない。楽しい会話を続けたいのも本音ではある。

逆に信頼してるというか相手との距離が分かってきたのでは?話を聞いてくれて嬉しくて好感度上がってるんじゃないかな。いやどうなんだろう。自分のことなのに何もわからないけど。

母には毎日「死にたい」としか言わなくなってしまった。ありのままの自分をさらけ出せるのは母しかいない…のは良い事だと主治医に言われた。

「ここで出したら入院させるから」だそうです。あーね。「出す」のは「ありのままを言う」という意味ではなくて「甘えた子供みたいな振る舞いをする」って意味ね。

やだ私主治医のこと理解できるようになってる。

同じ穴のってやつです。希死念慮に悩まされる医師に診察される私…。

母は微塵も主治医の言う事理解できないらしいんですけど、

私には発言が映像で入ってくるからなんか理解できるんですよね…

つまり母には私の言ってるもわかんないんだろうな…こちらは全て曝け出しているのに。片想いですね。切ないな(=_=)

そして伝わらんで良い人にはかなり伝わるという…だって言語が共通なんだもん。

GIFとかJPEGとかPNGとか、形式が違うと絵が表示されないから何も伝わらない感じ。

 

 

ぜんっぜん纏まらないでござる💧

いつもは一応読みやすいように考えて書いたり直したりしてるけど今は無理です。

自分が何書いてるのかわかんない自覚が辛うじてある。

Twitterはホラ、文字制限あるから纏めないと…って考えてると纏める前にわからなくなるからいつもわかんない。

死にたいとかつらいって全部入ってるから呟くのには便利だけど読めない人には不気味な暗号でしかないからな。

つまり速いのかな。頭が。思考停止してるのかと思ってた。脳死かも。

速すぎて止めどなさ過ぎて、私自身私の解像コードがわからないのかもしれない。

なんてこった。私は私の一番の理解者だろ?そうあるべきだろ?応答してくれよ…

 

 

メメントモリの話をしよう。ゲーム。

課金しなくなった。ふとしたくなるけどしないね。

一か月前は「またしてしまったー…」ってなってたけど、飽きたのかな。

確かに前に比べてあまり脳の刺激が得られないけど惰性でイベントこなす日々です。

「3000円使ったら何か面白い事が起こるかな?」って期待して課金してた。

今は起こりそうもないからしてない。

強さが中堅になってきたせいで早々簡単に大きな動きは起こらないし、そうなるとメメントモリは何をするゲームでもないって事に気が付いてしまうからね。

オンラインゲームは大体そうだけど。デフォルトで詰んでしまうRPGみたいな。バグじゃねーか…。

他プレイヤーと交流を楽しめたり、皆でギルドバトルするのが好きだったりすればもう少しマシかも…。

まず「ギルバトとはどういうものか」を理解したくて弱いギルドを選んだらバトルに勝てないからつまらない…勝てたらこのゲームが面白くなるんだろうか…でも移動するのも面倒だし辞めたらこのワールドに居づらくなるかもだし新しいギルドに馴染むのも苦手だしetc

ゲームを止めるのも面倒なのでもうしばらくやると思うけど多分これ以上はハマれないから自然と別の事始めると思う。

お金💸は無駄になるけど、多分パチンコとかと同じで『使った』『損した』感覚が薄い。お金と時間を溶かしてる時が楽しいんだろう。景品はオマケだ。

 

 

 

書く事が無いのに乱文を書きまくってしまった…。

何だコレ。ああでも時間潰せたから良いのかな。時間が気になると嫌だよね。時計の針の音が聞こえてきそうな位時間が余って、でも悲しくてただ悲しくて死んでしまえないかなぁとしか思わなくて、じっと動かないでいるしかない。

思考もじっとできたら良いのに。集中できてないから乱れているのかしら。いつも何かに集中しているのかしら。多分無意識に集中出来てるのね。

不安を感じたい。先に何かあるから成り立つ感情。不安定はあるけど今の私は胎内の如く安心安全だから。私は母親と死にます。それだけです。

 

無力。それなのに赤ん坊は何故可愛いのか。この先可愛い姪っ子が30歳になって可愛くなくなったら彼女に対するこの愛着もなくなるのか。無くなるだろうね。

期待したんだ。私もかつてはこの様に可愛らしいだけの存在だったから。その頃から私を知ってる人達の気持ちを想像したら救われないだろうかって。どんなに成長して老いても小さい頃と変わらず愛おしいと思うものではないのかって。私は誰かから無条件に愛されてはいないかって。

私が15の時に生まれた従妹が居るけどそれは置いといて。あの時は母性無かったから「早く成長しないかな~」って思ってた。そしたら遊んであげられるって。姪にも少しはそう思うけど、やっぱり成長止めて欲しいと思ってしまう。

この感じは何なんだろう。焦れる感じ。従妹にも感じてた。好きで会いたいのに会いたくない。私を呼びに来て足りない足りない足りない。

いつから。自信がなくなってから。自分がゴミみたいに感じられるようになってから。どんなに明るく振舞えてても皆と楽しく過ごせていても自分がゴミだと思う。否定できない。明るく肯定できる。

大好きなものを全力で抱きしめられないんだゴミだから。

 

 

私は何を言っているのか。もうやめよう。きっついわ。しにてぇ。

新年あけましておめでとうございました。

あーーー。引きこもり。私は引きこもりです。

いいよねもう。前の日記から何があったのかいちいち書かなくても。

はい。

 

 

メメントモリは初心者から中堅になってます。今は戦闘力20,000,000です。

3枚は消えたかな、諭吉…無収入なのに…2か月で3万も溶かしてたら

もはや重課金勢なのでは?💧

しかもなんとなく目的もなく刺激欲しさに課金してた。

下手にクレジットカードとか持ってるから…(💧=皿=)

 

なんかワールドで一番強い人から突然「ギルドバトル興味ない?」

って個チャで来て、緊張と混乱の中「あります!」って言ったが最後

ギルバドできるとこに移籍して毎日30分位束縛されることになってめんどい

てか本当は興味なかったのかも。今まで弱小ギルドに居たから関係なくて

知識が無くて何してんだかも知らなかったからよくわからないけど。

最初だけだけど、他の人とチャットで連携しないといけなかったのが苦痛。

慣れてきて、上の人の号令で動くだけだから別に発言しなくて良いって理解したけど。

マジでこえーんだよ他人は皆。何考えてるか分かったもんじゃない。

一応お行儀良く接するけど、警戒警戒。

 

 

 

ナンプレにハマっている。

⇒メメモリ前、引きこもっている間やる事がマイクラしかなくて発狂しそうだったから

お絵描きロジックの冊子を買ってやってた。

ここ一年くらい絵が描けてないけど多分鉛筆を放したくなかったんだと思う。

色鉛筆さえ握っていればきっとまた絵を描いてくれると未来に希望を託したんだろう。

⇒冊子の合間にナンプレのコーナーがあって、初めて解いたら見事に詰んで

Twitter『これ解き方わかる?』って画像付きで呟いたら返信してくれた人が居て

なんだかんだでその人が定期的にTwitterに載せているナンプレを解くのが日課になる。

⇒お礼がしたい。…そうだ絵を描こう。

クリスマスだったから。うちの子と、アイコンがジラーチだったから。

願掛けで色鉛筆握ってたんだけどナンプレ解くのにレイヤー機能便利~って

いつの間にか液タブでクリスタ使ってて、ならこのまま絵描けるやーんって描いた。

この後もどんどん描くけど、この人がナンプレとイラストを繋いでくれたんだと

勝手に思ってる。謝謝。

 

 

その後は『毎日更新』を念頭に描き始める。(秒で挫折する)

絵なんてセンスとか画力とか情熱とか無くても努力と根性さえあれば描ける。

むしろ努力と根性が無ければ他に何があっても私は絵を描かないなと思った。

けどはっきり言って描きたいものは無かった。

今の私は自分の心を見つめてもいないし、誰かに描くことを望まれてもいない。

何を描いたら良いのか、何なら描けるのか、わからない。

ただ火種を消したくなかった。描かずにいたらまた描けなくなる。

折角こんなに綺麗なのに。大事なものなのに。失くすことは非情に非常に容易い。

 

この絵は一応フィルター掛けたけど、性的な感じでなくても

素っ裸の人型はセンシティブなのかをかなり迷って結局差分も描いた。

 

うちの子勢ぞろいイラストが年内に描けた。御馳走を描かせられる拷問…

でも今までの自分から考えたら嘘みたいにとか槍の先みたいに

完成に向けてひたすら集中した。紅白も御馳走も何もかもを蹴ってラストスパート。

往く年来る年煙草がうまい。

 

描き初めイラスト。メメントモリのキャラになんちゃって着物を着せて。

版権強い。版権怖い。いいねがオリジナルの3倍くらいくる…💧

それは怖いけど、しばらくメメモリのイラスト描こうかなと思った。

折角ハマってるわけだし。

 

良いわぁ…マーリン師匠可愛いわー💖って自分でも思う一枚。

この子公式が背中向けてる図しかないから前どうなってるのか空想だけど

おっぱいはここまで大きくないと思う。

コルディもそうだけど完全私の趣味。ハトホルより寒そうだな(笑)

全員魔女って設定なのにこの恰好してるのはマーリンだけなんだけど

『マーリン』って魔女が歴史上に実在してるのと関係あるかもね。

 

 

で、突然描けなくなる。

画面と向き合えない。努力と根性をひりだせない。冷める。面倒になる。

低きに流れる水の如し。高潔な筆で居られない。

途中まで書いたけど凝ってしまったせいもあって進まない。

Twitterの他のメメモリファンアートを見れば神絵師が大量に居て

どう頑張っても私の居場所はない。もうその人たちが描けばいいのでは?

神の描く絵は良いと思うし、そういう絵師がたくさんいるのは良い事だと思うけど

そうでない自分は打ちのめされる。

…まあ普通の反応。勝手に描きたいもの描いてた私にしては珍しい方の反応。

拗ねてる?描かなくていい理由集めてません?鬱なんです。はぁ、そうでしたか。

 

 

 

 

引きこもり歴3年。気分の浮き沈みはあれどもずっと部屋の中で独り真っ暗な日々。

そこに突然電気が付いて世界に色が戻ったような大規模な変化が起こった。

「私、絵が描ける!✨」

まるで魔法でした。…効果は長くもたないけど。

まぁ魔法っていっても実際絵なんて完成までは苦痛しかないしな。

描いてて楽しいなんてありえないから。いつもソコ忘れます。

 

以前主治医に

「自尊心を取り戻したいならまず好きな物を一つずつ並べてみなさい」

と言われてやってみたけど、どれも好きだしどれも嫌いで駄目でした。

私が『好き』と思えば好きで、私が『嫌い』と思えば嫌いになる様なものは

不安定すぎて駄目だと思いました。

という事で私には何も好きな物がありませんでした。

私が『嫌い』だと思っても好きなもの、私の気分で消えないものが欲しいんです。

絵をそこに並べたかった。願わくば『絵を描いている自分』を並べたかった。

そんな夢を見た。幸せだった。

 

 

 

さて、何もなくなった私は死んだ方が良いんですかね。

念慮念慮。死にたいとは考えるけどもう37年も生きて自殺なんて無理だよ。

両親が生きてるうちは引き籠れるし。収入なくても課金できるし。

周りも面倒くさくなっちゃったんだって。

いつまでも世界とマッチングしない私を何とかして一人で立たせようと支援する事に。

自分たちが死ぬまでブタ小屋に入れて餌とパソコンと金を与えておいた方がいっそ楽なんだって。

 

私はなにか悲しいだろうか。よくわからない。多分悲しかったからだろう。

約一年かけて貴重な人生を頭の中のドブにちぎっては投げ入れて

やっと築き上げた『自己愛の泉』は今でも私を癒してくれる。

この先も私が自殺しなくて良いように私を辛い現実から守ってくれる。

 

 

私にはこういう生き方しかできなかったってちゃんと書いておくからね。

最後に私と私たちと、皆で泣いて終われればそれで良いや。

ゲームの話。

メメントモリを始めました。

流行りのゲームに手を出すとは思わなかった。

引き籠りのただの気まぐれ、ずっと家に居て暇で仕方なかった

実は全然幸せじゃなくて余った時間に精神を削られて追い詰められてた等々。

色々ありますがメメントモリ面白い

簡単すぎてあっという間に進んでいくスタートダッシュが良いゲーム。

気が付いたらハマってる。○○が足りない~✖✖がもっと欲しい~って言ってる。

 

戦闘はオートなので高度なテクニックとかは要らない。

キャラをどう強くするか、相性とか属性の組み合わせとかをあれこれする。

…全然わからないので攻略サイト通りにやってます。

そういえば放置するゲームって初めてやったな。

「放置するゲーム?どういう事?」って思ってたけど、やってみて凄い自然というか

『プレイヤーがゲームしてない間もキャラは戦ってましたからその間のアイテムです』

ってプレイヤー居なくてもゲームが進む設定なのね。はーへーふーん(納得)

ゲーム開いて突然大量のプレゼントもらえたら『?』ってなるけど

納得のいく説明されれば『はぁそうなんだ』と思うもので不思議

そしてそれに重きを置いてゲーム作られててなんか凄いなぁって思いました(語彙力)

 

前に別のとこで牧場ゲームとかやってたけど、あっちは放置ゲーじゃないから

ログインしてプレイしなければずっとそのまま。自分でやらなきゃ何も手に入らない。

それはそれで普通に面白かった。

現在進行形で放っといてもゲーム内では完全に時間停止で問題が発生しないから。

放置ゲーはゲームしてない間にもアイテムが溜って得してるはずなのに

一日一回ログインして今日の分貰わないと損する気がするから

画面に張り付いてゲームに人生支配されたい人におすすめですね(T∀T)👍

 

淡いタッチの画風で描かれたキャラが可愛い

『伝説の杖の継承者』とか『魔女狩り』とかふわっと暗めファンタジー世界感

なんでもありです。キャラの設定はあるけどストーリーはほぼ無いです。

(ゲーム止めない限り)終わらないどっかの戦争の話。色々霞掛かって良いです。

キャラソンが多い。界隈では有名な歌手とか歌い手さんがいっぱい。

主戦力五人しか育てられないし(アイテムの都合)、パーティーの相性を考えると

その中に好きなキャラだけを詰め込めないんだけど

知ってる歌手とか好きな歌い手さんのキャラは使わなくても欲しくなるから

自然とガチャに熱意を注ぐよね

別に曲はYouTubeで聞けないわけじゃないんだけどね…

ゲームとかだと報酬が欲しくなる生き物よね私たち…不思議ね💎

今のところ課金してないし無料でガチャは引けるけど続けてたらその内課金するね。

「働いてないのでそんなには出来ないけど…」

って言っていられる理性は無くさないとは思うけど(;'∀')💦。

 

 

このゲームの不思議で『放置』しないと進めなくなる。

引きこもりなら大体一日二回系3-4時間位はやっていられる。

クールタイムもゲームに縛られててソレがやる気も何もする事も無い私には逆にクセになる。

ので、次にログインできるまで別のゲームしてます。

そう、イクラ

コレはゲームというか面白いとか面白くないとかじゃなく作業かな。

噂では「何もできない」って困ってる鬱の人に効く救世主的なゲームらしいですよ。

今から新しく始める人は操作と面白さを覚えるので大変だけど

私多分6、7年くらいやってるので日課に出来てます。

(メメモリ始める前はマイクラスパイダーソリティアとひつじ村をローテーション)

このゲーム目標もゴールも設定されてないから目の前の出来る事をただやるだけだし。

そのせいで人に「どんなゲーム?」って聞かれて説明する時に困るんだけど(笑)

多くの人伝で聞いた人はマイクラは建築ゲームと思っているのでは?

 

でも同じ世界を創って壊して何年も同じ事やってるのに飽きないってすごい。

テトリスとかもいつやっても飽きないけど流石に集中しないと出来ないし。

PC画面二つあるからYouTubeとか観ながらできて長時間プレイのサポートになる。

コレさえベースにあれば、時折くる虚しさを耐えるだけの日も乗り越えられる。

たとえ仕事があってもなくても、そうだと思う。

 

でもこれ最近…というか何年もやってるとたまにマンネリ期が来るというか。

チートを使えるんですよね。仕様で。

普段はちょっと時間と手間かけないと作れないアイテムをポンと出したり

遠くて行けないはずの所に一瞬で行ったり

掘って探さないと見つからない埋まってるダイヤ全部丸見えにしてみたり

TNT無限に設置して破壊の限りを尽くしてみたり。

そういう遊び方でしばらく暇をつぶしてたんですけど

私はそれをやると普通のプレイになかなか戻れなくなる人です。

ゲームが人生と共にあるからこそ精神的なものが投影されるというか…。

チートで出せるのにわざわざ自分で作る意味が分からなくなりました。

オンライン上でもずっと引きこもってボッチプレイしてたらそうなる気もするが…。

目標設定も自分でできないし、別にマイクラワールドでやりたい事も無い。

でもゲームを止めなかった。ただ経験だけが私にゲームをさせてました。

 

刮目せよ ここに生きる事に光を見失った者への救済の道があるのです。

人生で『目標設定が自分でできない』『やりたい事が無い』

そういうメンタルヤバめな人でも『経験』さえあればずっと出来るということです。

まずその経験を積むために、気分が比較的良い頃合いを見計らって

マインクラフトを買いましょう。(販促)

お勧めは『ながら』の出来るWindows版。

ディスプレイだけならそんなに高くないのでこの際二窓にしましょう。

え、配線が面倒? 頑張れ。それは己の生命線だ。

…Switchも二窓できるのかは知らん。

こちとらJava版からやってんだ。無料配布のmodが懐かしい!

 

 

 

 

本当の事を書かない。本当に私が考えてる事。それは何ていうか…全部杞憂だと思う。

私には自分の人生をどうこうする力なんてはなからないのだから。

イクラだったらやった事、積み上げてきた事形に残るけど

そんなんだと思うから全部ぶっ壊さないと気が済みません。

わかるでしょう?現実にそんなに確かなものなんて存在しないって。

少なくとも私の人生には無かった。

全部創った先から霞がかって崩れていくのが私の世界の理だから

ゲームで作ったものも現実で私が作ったモノも同じ様になって欲しいのです。

ただ今やりたいと思う事をやる気が続く間やるだけで生きてきたから

こんな風になってしまったけど、きっと私にはこの先もそれしか出来ない。

それを嘆く必要もない。どう生きようと寿命は等しく来るから。

そこまでなんとか頑張るしかない。自分で死ぬよりマシでしょ。

 

完全な引き籠りになって早一か月近くが経ちます。

外へ出たいと思いません。出なければならないという焦りも感じません。

流石に親から「まともになれ」とか言われると辛いけど💧

季節のせいかも。夏は勝手に私の中でお父さんが暴走するから。…だから働けたけど。

でも今は無理やり藪蛇な事をする必要も無いかと思ってます。

外からの攻撃はなるべく防いで、純粋な外への関心に重きを置くことにしたいです。

人生の意味とか無職引きこもりの末路とか輝いていた頃(いつ?)とか遠くにあります。

まるで私から遠くへ来たみたい。近すぎても苦しいけど遠すぎても駄目なのね…。

 

 

そう、人生を放置しているような気もする。

私が『ゲーム』(社会)に居ない間も

『キャラ』(皆)は『バトル』(仕事)してんだよな… (切ない)

放置ボーナスはペナルティでしかないけど。

増えるのは年齢白髪くらいですね。あと内脂と血圧。

自分の事を客観視してネタに出来るのは良い距離感なんじゃないでしょうかね。

種子

最後の日まで休まずに、記念に花束までもらって恙なく短期バイトを終えました。

そして即引きこもりニートになりました。

のんちゃんとか来て風邪移されたりしました。

 

なんだかバイトに行かなくて良いんだって思ったら急に脱力して

くたくたに疲れてたので、次の仕事なんて全然探せなくて

でも私はそんな駄目な自分が許せなくて袋叩きにするんじゃないかって

今度こそ自分に殺されるんじゃないかって思ってたんですけど

意外と自分の事「金髪豚野郎」とか罵ったり人格を否定したりしないなぁと

思いながら引きこもってます。

 

「もっと皆みたいに頑張らないといけない」「仕事をして外に出て自立しないと駄目」

「そうしないと皆が人として認めてくれないから友達が離れていくよ」

「絵が描けないのはちゃんと自分で探した仕事じゃないし通えてもいないからだよ」

「とにかく引き籠ったりしないでまともな社会生活をしないと何もかもおしまい」

 

と、ずっと言われていたのです。厳しくしないとこの人はバイトなんて行けなかった。

…私が言っていたのかしら。本当に?あらイヤだ。

今も少し眩暈がして、小声で「こんなことで良いわけないよね?」って聞こえます。

嗚呼お父さんみたいなこと言うのね、私。

私が何をしても「よくやったなもっと頑張れ」としか言わなくて、つまらない。

何かすれば褒めるけどとにかく際限なく上を目指させるから話半分に聞いた方が良い。

だから私お父さん苦手なの。いつも私を駄目だクズだろくでなしだって言って

苦しめる私の中の「お父さん」が暴走するから。

暴走しない程度にはあった方が良いとは思うのだけど。

 

うん、あのね。私が幸せな事は秘密にしてほしいと思いながら生きてるの。

たまに苦しい…というかまあ変わらず鬱で、昼夜逆転して、一日一食ドカ食いして

毎日適当な動画をYouTubeで見てマイクラしたり電子書籍で漫画読んだりしてる。

あとお絵かきロジック、アナログなパズル雑誌買って、せっせこ塗りつぶしてる。

放置して、やっと手を付けて、楽しいと思うのに何日もかかった。

思ってた『楽しい』じゃなかったけど。

 

なんかこう…羽の下に綿毛みたいな幸せを抱いてるような…。

どうして私は自分の事を不幸だと思っていたんだろう。

私ここでもうしばらくじっとしていたいわ。

悪い事なのかしら。正常な事ではないのかも。でも私、なんだかとても眠いの。

考えすぎていたのかもしれない。自分の人生を何とかしなきゃと思ってた。

もっと頑張る為にとにかく無暗に自分に鞭を打つのが正しいと思ってた。

そのおかげでとても頑張れた。自分はボロボロになったけど見合った対価を得られた。

 

ただもうなんかもう一回やろうって気がしないの。

ここに眠ってここで目を覚まして、まったりとした日々を楽しみたいの。

やっとあの酷い声がしなくなったから。自分の幸せを否定する思考がやんだから。

私もっと色々自分が触れて楽しいと思うことをとことん追求してみたいし

社会生活なんて捨ててどっぷりと人生の泥沼に嵌ってみたいの。

私の前が下でも別に良いと思うのよ。

 

私のしたい事とか、好きな事って何だろうとか考えてもね。何も無いの。

それってつまんない人間で空っぽな人間って虚しいの。

だけど自分らしく生きるには好きなものがたくさんいるらしいから

私ちょっと、下の方に潜って取ってくるね。

 

相変わらず世界は真っ暗で怖いけど、きっと地面はあるんだわ。

宇宙みたいな所に放り出されて藻掻いても自分では向きさえ決められなかったのに。

そう思って生きてみようと思いました。

 

お父さん、お母さん。ろくでもない娘でごめんなさい。

障害でストレスで就職難で病気が…というより自分の意志で引き籠っております。

だから存分に怒ってください。

私は何故怒るのかわからないような顔して「悲しい」と言うだけです。

私はいつでも己の性にしか従えません。

 

多分コレで良い気がします。私は今も苦しいですし。

私の正しさが周りの負担になると思います。ごめんなさい。

ブラックホール

気が付いたらあと3回しかバイトの出勤日が無い。

前の日記の後、なんとなくまたフラフラバイトへ行きだして、何事もなく通ってます。

多分。あんまり記憶がはっきりしないというか、どうでも良くて。

過去の事かー…でも確かにバイトは休んでないと思う。

それだけだなーって思う。バイトに行ってる事以外は私の気のせいだなって。

 

辛い事もあって、しんどい事もあって、でもそりゃあるよなって思う。人間だもの。

私は確かに辛くてわんさか泣いてたかもしれないし

泣かなくても煮え切らない思いで過ごすしかなくてまだ全然しんどいのかもしれない。

でもそれってそんなに取り立てて酷い事じゃないよなって思うの。最近。何故か。

だって普通、人って自分の事がどうだとか変だとか悪いとか、疑問に思わないよね。

今の私は自分らしくないとか、自分が誰だかわからないとか、普通思わないよね。

 

私は未だに自分は誰なのかわからないし、何の為にここに居るのかとか

ピンときたわけでもないけど、それがどんどん不安じゃなくなってる。

意味の分からないスライムの様なものがこの皮膚の内側には詰まっているとしても。

私にはどうしようもできないなーと思えてきた。

想えば、何もない真っ暗な空間に「私」という遠い星があったのだよ。

星というかブラックホールだな、あれは。

ブラックホールが何なのかわからんけど、ダイ〇ンとかより吸引力がもの凄いんだよ。

近づいてはいけないんだろうね。飲み込まれた。自分の一番核の部分へどんどんと。

 

今は遠い。とても遠くから見ている。まだちょっと引っ張られてるけど。

あんまり戻りたくないと思う。

上手い事息を潜めていたら、私は私をどこか知らない怖い所へ吸い込む力から

自由になれるんじゃないかと思う。願うような祈るような。

 

遠くの目線になるとね、私の体の枠と意識がピッタリなんだよ。

今までは内側に向けて物凄い圧縮されてた感じ。でも膨張したような感じもある。

決まったサイズはあるけどなかなか定まらないなと思ってた。

今は限りなく私の体とサイズ同じ。内と外の圧が同じ。

バランスとるの難しくてぎこちない。余裕ない。けどなんか。死にたくない。

人生に絶望する感覚はまだ覚えてる。目の前が真っ暗になるんだよね。怖い。

意味のない人生にほんの少し素晴らしい事があれば良いのにとは思わなかった。

何かあってもどうせ何も感じなくなるのだから最初から何もなければいいと思った。

幸せは不幸せにつながってるから。

塞翁が馬…でも塞翁は不幸を喜べてたからちょっと違う。

嬉しくないの。何も嬉しくない。嬉しい事をしてほしくない。望んでない。

怖いの。上がっても落ちるのが怖いから、一番下に居れば落ちないから。

神様。神様神様神様神様神様神様。わああああああああっ!!!!!

私を傷つけないでぇっっ!!!

ここここまで来たのせっかく私と皆さまのお力でここまで私に私らしく普通らしくなれたのでもう許されていいと思うの吸われる落ちるあまりにもゆっくりと奥深くから呼ぶ声がもう聞こえないいえ微かに

 

 

気のせいです。

日々いつもこういう感じ。取り乱そうと思えば取り乱せるけど平気ではある。

だからいつ輪切りにしても同じ日記になると思う。

だけど私何時からここに居たんだっけ?

 

とにもかくにも10/31が最後の出勤日になります。

私は何も出来なかったなというのが感想。

「役に立った」と言われても手ごたえが無さすぎて本当に働いていたのかすら疑問。

高い時給もお駄賃に思えた。…そこはまあコネだし、仕方ないところもあるが。

でもそれで良いんです。十分です。

私が家に引き籠らずに外へ出て微妙でも社会に存在していた事とか

外と繋がってた事が重要なんです。私が引きこもりじゃなかった💮

仕事はごっこだとしても、そうさせてくれただけでありがたい事なんです。

出来たと思えなかったのは私が悪い。でも多分通うだけで何かは変わったと思う。

 

一人でいたら自分が誰だってどうでも良くなったら

何も悩むことなくどんどん私が怪物めいて行くじゃないですか。

自分の気分とか調子とか鬱だとか大事な事も相手が居なきゃ全部適当になる。

自分の事を自分で決めたくないですか?

悪い所を良くしようかしらと思ったから行動してみたくないですか?

もうそろ完璧に近かったら、ありのままで良くないですか?

 

11月から私は社会と無関係になるのですが私はまた怪物になるのでしょうか。

折角ここまで来たのに。責めたら泣くから怒らないけど、ひたすらに勿体ない。

海のど真ん中でやっと自分の船を組み立てたのに櫂がヘロヘロで漕げない。

皆と進む方向が違っても遅くても別に良い。ただ行きたい所に行くだけなんだ。

進んでいる自分が好きでたまらないんだ。

やっと浮けたのに、やっとそんなセルフイメージを持てたのに。

世界はまた暗転するのか。

 

 

そんなのは嫌だ。仕事が欲しい。この世界で私のやるべき事が欲しい。

嗚呼でも今は少し安らぎが欲しい。引きこもりも悪くないかな…って気を抜いたら年単位で外出ないぞ。

だって私、他人から褒められないと生きていけないんだもの。

何も考えたくない

前の日記の後からバイトに行ってない。

あんまり休むもんで「希望休とか挟むし9日まで休みにしましょう」と

副社長に言われてさらに9日も休んだ。

 

支度までは出来るんだ。

前日お風呂入って、起きて歯を磨いて顔洗って着替えてコーヒー飲んでバナナ食べて

片手間に化粧して、もうあとは鞄持って出勤するだけ…ここまでは出来る。

しかし毎日家を出ることが出来なかった。

出勤時間過ぎて、泣きながらSMSで「具合悪いから休む」ってメールして

自分を傷つけたくて仕方なくて、でももう傷跡とか付けるのは嫌で

少しくらい穴開けて血が見えたらいいなぁと思って工具箱から錐を持ち出して

刺そうとしたら『Σ痛ってぇ💢』ってなって代わりに毛布を何度も刺した。

そこまで鋭利じゃないから穴一つ空かなかったけど。

 

 

毎朝起きると私の中に『行きたい』『行きたくない』がある。

こういうのジレンマっていうんだっけ?

あれ?やりたいのになんか理由があって出来なくて心がジリジリする事だっけ?

ぬぬ…私の場合はやりたくないのにやらなきゃいけなくて出来なくてジリジリ…。

こんがらがってる。

 

 

大体酷いんだよ。

皆私の話聞いてくれなくなっちゃった。

私が悩んで苦しんで「死んでやる」って泣くほど周りに人が居なくなるのなんでなの?

私はまだ子どもなのに。誰か私の相手してくれなきゃ寂しくて死んじゃうのに。

なのにどうして私の側にきて甘えた声でよしよしヾ(・ω・`)ってしてくれないの?

そしたら私だっておしごとちゃーんと行ってあげるのに。

こうなったらストライキだもんね。

皆が間違いに気がついて私のとこに謝りに来るまでここから動かない。

私がここに居るだけで外の人が困るの知ってるし、私は寝てるの好きだから平気!

皆苦しめばいいよ!私に酷いことしたってわかるまで苦しめ!!

 

セルフイメージが『坊』ですね。

我儘、泣き虫、図体は大きいのに臆病で気に入らなければ大声で泣いて

言う事を聞かせようとするただの赤子。

 

私が『坊』でしかなければそもそも拗ねてバイトになんていかないだろうし

制御不能になって暴れれば入院してたかもしれない。

…ああでも扱いやすいと言えばそうなのかな…機嫌取ってれば言うこと聞くわけだし。

 

今これ書いてる「私」は『坊』に付属してる不完全な『大人』機能。

赤子はギャンギャン泣くし、周りから「どうして?」って責められて自己嫌悪に陥るし

もうホント死にたい。

…な、ぜ…私何故、ここに、イるの?…私、もう辞めたい…こんなブラックな所、今すぐ…辛い、、、

それはもうワンオペ育児が上手くいかなくてそろそろ心中しそうな母子のように。

私はもう全てどうでも良い。泣けばいい。別に気にしない。愛してないから。

それにもうあなた自我あるじゃん。見た目赤子でも自分で立って歩けるんでしょ?

それならあなたがこの体動かしなよ。私別にやりたくてやってるわけじゃないし。

 

しかし「私」の雇用主…というか創造主がこの『坊』であるのでした。

原作は最後立派に自立してましたけど

うちの『坊』はクッションか何かに守られていなければ生きていけないらしいです。

ソレの為に生み出されたのが「私」です。

「赤ちゃんを守る為に生まれた存在」と言えば聞こえは良いけど

実際はサンドバックです。守るべき赤子に蹴られ、周りは冷たい。

私が本当に赤子を抱いていたら視覚情報から周りも優しくなるかもしれないけど

今赤子めっちゃギャン泣きで睨んできて大暴れの状態だからそうでもないかも💧

 

 

「私」は『坊』、赤子の事ばかり考えます。

私は柔らかいただの殻であり、私自身には赤子の様な強い感情が無いからです。

あの子が私を動かしているので、食べたり、寝たり、楽しくなることだけしたいです。

でも私は37年の記憶を持っていて、大人の振りが出来なければいけない存在なので

立場的に社会とか仕事とかお金とかの事を考えている振りをしないといけないです。

 

ただアレは本当に阿呆なので、ここはつまらないと言って暴れます。

娯楽はいらない、愛して欲しいというのです。

私は困りますが、老いた母親に赤子の様に縋るほかありません。

母には酷く嫌がられます。私も「自分は何をしているのだろう」と思います。

ただ赤子は泣き止んでくれる。もうけして母から離れたくないと思うのです。

 

 

 

二つに生まれたかった。

赤子の夢が私を創っているとしても、私の人生を返して欲しい。

仕事に行きたいの。普通の人みたいに生きてみたいの。赤子なんていらない。

私は自分の奴隷だ。そして要らなくなれば忘れ去られる。

 

あなたがけして幸せになれない呪いを掛けます。その位の権利はあるはず。

いつか全てご破算になっても、またあなたは「私」を必要とする。

「私」が居るという事はあなたはきっと苦しいのでしょう。

そして年老いた婆と赤子。寓話めいて酷く醜い。

拘泥

9月長期で休んだ後はしばらく淡々とバイトへ通い
「願わくば最後まで休みたくないなぁ…」
なんて殊勝なことを思いながらも10月に入る直前まで結構休んでました。
私がうつで仕事休むたびに親戚に迷惑かけて、母のコネだから母もうつになって
なんかもう…労働条件の良さのその先が見えてきてる今日この頃です。
トントン…か?頭下げて利益の無い母は辛いな…。

 


私の挫折と人格の崩壊→仮の人格形成と抑うつ状態、からの自覚と破壊衝動の話な。


まず3年前、大学受験の夢が行き詰り、友達と縁を切り、そういう色々が重なって
体調が急激に悪化して私の人生の基盤としてた9年続けたバイトをクビになった。
その時一瞬にして私の心と生活は虚無になった。
私はショックで自分がどうなったかわかんないというか受け入れられない。
無意識に失敗したとか挫折したとか考えるの避けてた気はする。
昔から挫折するとなかなか立ち直れないタイプだったから。
自分の能力を過大評価して見誤って志とつりあってなかったりするかも。
そんで子どもみたいに純粋な好奇心と大学生みたいなノリで挑戦して失敗して
有限な人生をリカバリーの時間に費やす羽目になったりもする。

メンタル弱い系おバカ。一番駄目なやつ…


3年経って、何もわからないけど促されるままに色々行動した。
私をなんかのゲームの駒みたいに、社会という場に置き続ける為に有益な事だった。
一度引き籠ってしまったせいで外へ出るのがしんどくて、働くのもしんどい。
だけど前向きに自分のペースで、自分と社会、自分と仕事、自分と他人
体当たりで観察を続けて、傷だらけで折り合いをつけようとしてる。
それはとても『良い事』だと思う。
真面目で淡々とし過ぎてて楽しい事が無くてうつになって死にたいし
正直社会も他人も興味もないし、ちゃんと生きるの面倒くさいからヤなんだけど
なんていうか…私の中の「常識」とか「理性」が
「死ぬまで人らしく生きたいなら絶対やっとけ」

って言ってたから判断できた。

 


理性。
主治医曰く、
「私があなたを入院させないのはあなたに『理性』があるからだ」。
診察室で理性を欠いた行動…度を越して攻撃的だったり、会話が出来なかったり
私の場合は家と区別なく母親に甘えたりする連行されるらしい…(怖)

「医者の前でそうしないから本当の事が全然伝わらない」
と母はいつも言うし医者にも「この人は自分で何もできないんです」って訴えるけど。
母は私に入院して欲しいらしい。縋りついてくる私と離れる為に。
…悪いとは思ってるんだ、母よ。
でも更に主治医曰く、「基盤を失った今、頼れるのは母親だけだから」
家では物心つかない幼児の様に振舞わせてもらえたことは無駄じゃなかったと思う。

 


えーと。
私は形だけの理性で3年間、死にたい程くそ真面目な姿勢をとってて
周りもそんな私なら手助けしてあげたいって世話してくれて、今ぎりぎりマトモです。
健気ですねぇ。どん底からのスタートとか、感動のドキュメンタリー作品にしてあげたい。
でも私の中ではあのクビにされた時から何かが止まったままなんです。
壊れたまま。古時計が壊れて、秒針が引っかかって毎秒ぴくぴくしてるような。
秒針が振動してるから「生きてる」ってわかるのに時計としては機能してない。
そんなんあるなら直して動かしたいですよね。でもなかなか動かないんです。
私が「思う」だけ、「願う」だけで、時計が本当にあるのかはわからないですけど。


私ね、なんか人生で躓いたし、世界中の誰より死にたいけど自殺もできないし
なら腹くくってこれからもうつを友の様に傍らに、ゆっくり地道に強く生きて行こう━
とかクっソみたいな事を決意しかけたんです。
間違ってました。私が全部間違ってました。そんな決意要らない。
何が友達か💢!うつなんかぶっ殺して私は私らしく正しくありたい。
私は今間違っていて、正しい自分に戻りたい!
嗚呼クソっ、こんな独りよがりの無いものねだりみたいな表現じゃなくて!
私はこの目でずっと見てきたから、自分の成否を誰より判断できます。
だから今私は正しくない!!「あの頃に戻りたい…」的な意味ではなく!!
…まあ「あの頃」は「正しい自分」だったから間違いとも言えないけど。


正しい私…私らしい私は、自分の事をどこか女王様の様に思っていた。
年いってからは西太后みたいな一線は退いたように見せかけて裏で権力握る的な…。
現実の自分をちゃんと見てるし辛い事や悩みもあるから全部じゃないけど
自己イメージ?自分でいる感覚は大体そうだった。
つまり…なんか偉そう?上から目線。自信あります。虚栄心でもあります。
でもそれが正しい私らしさだった。
だので謙虚というか卑屈で自己否定感の塊みたいな私はずっと苦しいの。
「こんなの私じゃない!」
って叫んでる…「私じゃない」とも言えないんだけど。
繋がっているけど鏡合わせの様な…(; ̄_ ̄)
でも時計の針は動かないの。
自分が今どうしてそうあるのか、あの時何故自分らしさをゴミ箱にぶち込んだのかも
大体理解できる。
上手く行かなくて挫折して理想的な自分で居られなかったのも痛いほどわかる。
なのに全然正せない。


世界がミサイルで吹っ飛んでも、私だけ正しく在れたならそれで良い。
全部木っ端微塵に何も無くなって皆が泣いて悲しんでいたとしても
正しい私が残ったなら瓦礫の上を歌いながらスキップしてやりたい。
青空だ。生まれてから初めて見た様な、宇宙まで続いてる青い空だよ。

 

お皿の縁が欲しい。
以前私は
「愛や幸せは液状で、自分は大きな皿だ。受け止める事は出来ても溜めておけない。
 私にとって愛や幸せはただの一時的な刺激でしかない」
と言った。
『と言った』時から私の頭に大きくて立派な絵のついた空想の皿がある。
前記した『時計』もしばらくはあると思う。
皿にがあれば良いのに。ほんの少しで良いから。
大きくて立派でなくていいから…縁の方を柔らかく内側に折りたたんで、小さく深く。
そんでになって、ゆくゆくはになれば良いのに。
そしたら愛も幸せも溜めておけるのに。
ちなみにこの空想は毎年の様にしてるので毎年私の皿は失われてるんだと思います。

 


そんなことを考えながら過ごしていました。
時間がとても余って、3年も余って、とにかく考える事しかできませんでした。
自分が正しくないという前提を持てず、与えてももらえなかった。
きっとこれからもそう、世界中で挫折して自分らしさをゴミ箱にぶち込んだ皆もそう。
霞の中で二つ混ざったジグソーパズルを組み立てさせられているような。
わけわかんない日々を送らせられる私です。


Hello.